忍者ブログ
明日はどっちだ?
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

UNCHAIN DAYS アルゼンチン ブエノスアイレス〜チリ サンチアゴ 草臥れて
遡る事2011年11月14日からのお話

アルゼンチン入国。


ウホッ…!

スタンプ増えるとちょと嬉しい。
まず思った。暑い。
当初着ていたもの、オイルドコットンジャケット、インナーダウン、パーカー…
もう必要はないな。さっさと脱いでTシャツ一枚。
穴空き(アナーキー)ブーツも脱いでビーチサンダル!(池袋の100均で買ったやつ)
ぬはは、足かるいや。靴下がなくってスースーしやがる。

南米には「日本人宿」というものがある。
もしかしたらオートバイを買うための有力な情報が解るかもしれないし、
久々に活字を読みたい。インターネットで調べて電話をかけてみた。
私が今迄遭った日本人は旅人ではなく、現地に生活してる人々だった。
現在の旅人は、何を思うんだろうか。

行き先までタクシー。本当はバスがあったらしいが、私は「地球のサボり方」なんて持ってないので、一番確実な、強盗に遭いやすいらしいが確実なタクシーに乗り込む。

運転手「どこまで?」
ん、ん、あ、
そうか、スペイン語だ。わかんねえ。
私「英語、わかる?」
運「・・・・・・・・・・・・・・・・」

先行き不安だわ。しかも「英語わかる?」なんて嫌いな言葉を使ったよ。
大体おめえ何様だ?イギリスかぶれて来たのか?
軽く自己嫌悪になってきた。氏ね俺。

運「チョット、ダケネ。。。。」
私「ここ、ここ、(スマートホン大先生を運転手に提示)」
運「Si!Claro!No hay Problema!!!!!!!」(うん、もちろん、もんだいねえよ!)

って言っていたに違いない。
今はもう走りきった後だからスペイン語ある程度わかるようなったよ。
運転手は飛ばす飛ばす。フルアクセル、フルブレーキ。
おで、、、、こんな国で運転すんのかよ、、、、、、、、、

宿に到着。なんだか気怠そうな管理人さんに迎えられる。
細かい指示、指示。おお、日本っぽいなあ。
日本人、真面目だからな。こういうとこ来るとハメはずしすぎちゃいそうだね。

おおお、日本人、イポーニョ、ヤーバン、ジャパニーズだ。
日本語が聞こえるよ!すげえ!
でも、なんか様子が変だなあ。変。
気怠い、ってか排他的な空気。
うううん?そうか、日本人だからだ。

ヘルメットを見つけた旅行者、「バイクですか?」と。
「盗まれましたけどね、フフフ」

「え〜、かわいそ〜、もうそれしか荷物ないんですか〜?ええ〜?ええ〜??」
余計なお世話だ!ちきしょあらあああ!!ぶっこ(略

さっさと出発してしまいたくなったので(着いてまだ三時間しか経ってなかった)
もうその日からオートバイを探しに出かけた。
タクシーから流し目でアタリを付けていたので、何件かは目星がついていた。
が、どこも違う。オートバイ屋とはいえ、新車の中国車ばかりだ。
いいよこの際!ああ、スペイン語がわからねえ。
でもこいつは幾らだい?と尋ねる。
しかし英語で「No,No,君はアルゼンチン人じゃないから売れないよ」
と断られてしまった。
なんだよー、いいじゃんか、それよか住所のある中古バイクがいぐねべか?
宿に戻り、インターネットでブエノスアイレスのオートバイ屋をしらみつぶしに調べた。
日本は両親から入電。「レンタルでよぐねが?」
レンタル、、、あるね。ちょいと調べてみたら、おエクスペンシブなおプライス。
う〜ん、こりゃ駄目だ。借りた時点でハポンに帰れないよ。
一応連絡をしてみた。FACUNDOという男が相談に乗ってくれるようだ。

「安いのあるよ〜、インジェクションだし調子いいYAMAHA XTZ250だ。」
でもさ、盗まれたり、ハードに壊れて修復不能んなったらどうすんの?
「デポジットで賄えたらそれでOK。でも、たまに超えちゃう事あるよね〜」
彼のスパングリッシュは難しい。私の知ってるイングレスとはちょいと違う。
デポジットいくらや「3500USDだね〜」
うわ・・・・・レンタル料金が2000USDだしプラスしてみたら、



むりやで



私「ファクンドすまん、ちょい考えさせてくれ。高いわ」
ファ「おおさよか、ほなまた連絡くれや」

振り出しに戻る。やはり中古バイクを探す。
何件かあたってみる。当たって砕けてる。
やはり駄目だ、見つからねえ。

他の旅行者からは「もうバイクやめて普通の旅行したらどうですか〜?」って。
普通の旅?冗談じゃねえ。私はオートバイに乗るのが普通の旅だよ。
それも旅行じゃねえ、歩き方みながら観光地廻ったりなんてハナっから興味ないね。
自分の目で見て耳で聞いて、ガイドブックなんか観光名所なんか必要ない、最高の瞬間だらけなんだよ。

これでも色々な人の想い沢山背負ってたんだよ。
私は相馬市出身の友人宍戸さんと、宍戸さんに貰った「頑張るぞ相馬」のステッカーを思い出した。

やい盗んだ奴め、お前らはそれを盗んだ意味わかってんのか?
でも、お前らは私の気持ち迄盗めなかったようだな。
それと、色々な友人の託した想い迄は。

↑2012年3月現在まだ引きずってる奴の叫び

結局、オートバイを見つける事ができないまま5日間ぐらい経っていた。
このままどうすんだ?見つからなかったら、前に進まない。
ちくしょーちくしょーとずっと唸っていた。
いや、ここは私が見てきた色々な国の人々の心の豊かさを見習う。
見つからない時はどうあがいても見つからない。

しばし休息。当ても無く町彷徨う。





友人のユーキさんが「ブエノスアイレスは南米のパリ。町並みだけならロンドンよりカッコいいと思うよ」って言ってた。
私もそう思う。



どこにでも居るコイツこそが真の平和の使者かな。ショウヘイヘーイ!!!



あの、ここ、電車のホームなんですけど・・・・

他の旅行者とちょっと酒を飲んでみる、
旅行者は皆きっと話し好きなんだろうな。
アジアやアフリカの話で盛り上がっている。
私は黙って聞いていた。
ロシアで熊や野党に怯えながらキャンプをしていた日々とは、
あまりにもかけ離れた楽しい旅行話だった。
言葉が通じる事がこんなにも難しい事だなんて。

あくる日、黄熱病の予防接種をしに町へ。
その後だった。何だか体の調子が悪い。
咳もとまらず、熱っぽいな。
ああ、同室の風邪引き旅行者から貰っちゃったかもな。
あわせて黄熱病ワクチンも暴れているのかもしらん。
しかしなんだ、こんな処で。
あっという間に寝込んでしまった。
しかし、もう駄目だ!次の場所へ移動してから寝込んでやる!

ホライゾン・アンリミテッドや、WTJの情報掲示板を見ながら、次へと策を練る。

お、チリで中古バイク買って走った日本人が居るじゃないか。
バスを予約しようにも、バスと格安飛行機じゃ値段があまり変わらない。
ならば飛行機で。もう、体調は最悪だったから20時間近くバスに乗れる自信は無かったから。

私はブエノスアイレスを後にした。



草臥れて/村八分
本当にこんな曲ばかり浮かんだよ。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Minohara
性別:
男性
職業:
ワールドルンペン
趣味:
music & motorcycle
自己紹介:
このたびの災害により、被災または避難された皆様におかれましては、心からお見舞い申し上げます。

1986年生まれ
三年半勤めた建築写真事務所を退社後、
2011年8月27日よりオートバイで大陸に乗り込む。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny